時計とか野球とか

パネライ じゃないです

IMG_2185.jpg


私が持っているパネライ風の、マリーナ・ミリターレです。

マネライと言って揶揄する人もいますね。


パネライ支持者やメーカーは、世に出回るマネライにピリピリしてますね。

私はパネライ支持者でもないし、メーカーの者でもなく、

ごく普通の、時計好き男なので、気後れすることもないですし、

見せびらかすこともなく、フツーに着けてま~す(笑)。









スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

G-SHOCK 35周年記念限定モデル DW-5735D-1BJR

IMG_2179.jpg

G-SHOCKのDW-5700シリーズ、35周年モデルです。

限定だそうです。


先日、ふらっと時計店をのぞいたら、

たまたまなのか、売れなくて残っていたのか分かりませんが、

好きなDW-5700シリーズなので、定価でしたが買っちゃいました。

レギュラー版も持っているのですが、なんか、好きなので買っちゃいました。。。


レギュラー版と違うのは、

初代カラーに採用されたブラック×ゴールドの配色を再現したところと、

裏蓋がスクリューバックになっているところでしょうか?

ほかにも細かいところが違うでしょうが、ざっくり大きな違いはそんなところでしょう。

そうだ、値段が倍近く高くなってます。これが一番大きい違いですね(笑)。


ルックス、質感、存在感は、ご想像通りです。

とても良好です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カシオ Gショック G-SHOCK DW-5750E-1JF メンズ(予約受付中)
価格:8316円(税込、送料無料) (2018/4/27時点)



IWC マーク18 「トリビュート・トゥ・マーク11」IW327007

IMG_2156.jpg

久々に時計を購入。

IWCのマーク18 「トリビュート・トゥ・マーク11」

The IWC Pilot's Watch Mark XVIII Edition
"Tribute to Mark XI" (Ref. IW327007)
limited edition of 1948 pieces

マークシリーズはずっと気になっていて、

マーク12とマーク15は何度も買おうか迷った時計です。

しかし、サイズがイマイチ小さくて、自分の腕にはハマらず、

「欲しい→買おう→店で試着→おや、なんか小さい→見送り」

を何度も何度も続けてきました。。。

じゃあ、マーク16、17、18があるじゃないかとなりますが、

あの針の形状が好きになれず。。。


そんなとき、 マーク18 「トリビュート・トゥ・マーク11」を知り、

世界1948本限定で、日本には正規品が200本ほど入るらしいと。

そのうちの1本を買っちゃいました。

定価よりちょっと割引してもらいましたし。。。

IMG_2132.jpg

純正のナイロンベルトが好きじゃないので、

手持ちの網状のステンレスブレスに換装しました。

マーク12とマーク15の初期ブレスみたいですね。

我ながら、いい感じに仕上がった!と、自己満足です(笑)。

IMG_2147.jpg



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IWC パイロット・ウォッチ・マークXVIII IW327011
価格:523700円(税込、送料無料) (2018/4/5時点)






テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

G-SHOCK スティング復刻 DW-5750E-1JF DW-5750E-1BJF

IMG_2109.jpg

今年1月の発売に気付かず、出遅れる約2カ月。。。

まず、DW-5750E-1BJFが届きました。


悪くないですが、、、

きっとDW-5750E-1JFのほうが、手首に映える気がします(笑)。

ただ、丸型ケースは、なんというか、安心できるデザインです。



テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

G-SHOCK DW-5750E-1JF 「スティング」完全復刻

20180130105332.png

うっかり、、、気づかぬうちに、、、、

5700シリーズが復刻されました。。。


DW-5750E-1JF


1987年に発売され初代のDW-5700Cは、

定番5600シリーズとスペックは同じですが、

あの丸型のケースがカッコよく、

当時、スティングモデルともいわれました。

何度目か復刻され、そろそろ、また復刻があるだろうと思っていましたが、

生誕35周年を迎えた今年、復刻されました。


スティングモデルの完全復刻と、ブラックNEWモデルがあります。

G-SHOCK好きの私としては、当然どちらも買いです。


■メーカーの宣伝文は下記の通り。
1983年の誕生以来、タフネスを追求し進化を続けるG-SHOCKが、
2018年、生誕35周年を迎えます。
それを記念し、原点を見つめ直すべく
「原点回帰」をテーマに過去の名機を現在に甦らせたDW-5750Eが登場。

1987年に誕生したDW-5700Cは、
G-SHOCK初期の丸型ベーシックモデルで、日本国内では未発売ながら、
有名ミュージシャンの着用もあり世界的に人気を博した伝説のモデルです。
過去幾多の復刻を遂げ、2018年完全復活を果たします。
発売当初のデザイン、ロゴの色に至るまで忠実に再現しました。
ベーシックモデルに相応しくストップウオッチ、タイマーに加え、
ELバックライトなど実用的な機能を備えます。
スクエアフェイスの5600シリーズと並び、
高い人気を誇るベーシックモデル5700シリーズが、
G-SHOCK生誕35周年の記念すべき年に復活。
原点に立ち戻り必然の復活を果たしたNewモデルの登場です。

DW-5750E-1JF
DW-5750E-1BJF
¥11,000+税


すでに今年1月に発売され、初回発売分はすべて完売みたいです。

しかし、限定ではないので、次は3月下旬に各ショップで順次入荷とか。

つい情報を見逃していましたが、次回入荷分の予約をしました。


テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

↓いま何時?
最新記事
カテゴリ
プロフィール

しむなお

Author:しむなお
そういえば、ウォッチコーディネーター第1期の資格を取得しました。

最新トラックバック
最新コメント