時計とか野球とか 2019年05月
fc2ブログ

ブライトリング ナビタイマー Ref. 806 1959 リ・エディション

IMG_2438.jpg

先日、ブライトリングのメンバーズサロン2019に行ってきました。

毎年行ってるイベントです。

ここ数年は面白い新作がなく、正直なところ惰性で行ってましたが、

今年は ナビタイマー Ref. 806 1959 リ・エディションを目的に行ってきました。

写真のものですね。

写真奥のは、ローズゴールドモデルです。


このナビタイマーは、60年前に発売された初期ナビタイマーの復刻モデルです。

このデザインが誕生した1959年にかけて、1959本の限定エディションだそうです。


1959年版のオリジナルと同じに、ダイアルにはブライトリングのネームの刻印と、

ウイングロゴが施されています。

機械は、オリジナルには手巻き(ヴィーナス?)が搭載されていたので、

当然、今回の復刻モデルも手巻き式を搭載しています。

なにやら、この復刻モデルのために新しく手巻き式ムーブメントが開発したとか。

ブライトリング自社開発のキャリバー01をベースにしたCOSC公認クロノメーターの手巻き機械だそうです。


なんとも魅力的なモデルです。

IMG_2439.jpg

そして、お値段はというと、どーん、税抜96万円。

税込みで100万円超えですね。。。


この数字は、ブライトリングなだけに、かなりハードルが高いです(笑)。

この復刻モデルに限らず、昨今のブライトリングは強気な値上げをしたため、

ナビタイマーは100万超え、クロノマットは100万弱の価格に。

商品の価値と価格のバランスを崩してしまいました。。。


「100万円超えなら、あっちのメーカーを買ったほうが価値がある」

と、多くの人が考えてしまうメーカーになってしまったのです。。。



あ、そうか、ブライトリングは並行輸入品を買ったほうがお得なメーカーでした!

ナビタイマー Ref. 806 1959 リ・エディションも

今後、並行輸入品を60万円程度で買えるのでしょうね。





スポンサーサイト



テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

おすすめ
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ