時計とか野球とか ジャガー・ルクルト メモボックス・トリビュート・トゥ・ディープシー
fc2ブログ

ジャガー・ルクルト メモボックス・トリビュート・トゥ・ディープシー

jlc-memovox-tribute-to-deep-sea-2011.jpg

4年前の2011年に発売したモデルです。

メモボックス・トリビュート・トゥ・ディープシー。


1959年に発表されたダイバーズウォッチのヒストリカル・モデルです。

風防はオリジナル・モデルと同じくプレキシグラスが採用するなど、

オリジナルを忠実に再現しつつも、ステンレスのケース径だけは39.8㎜から40.5㎜に変更したとか。


このヒストリカル・モデルは、ヨーロッパモデルとアメリカモデルの2種類展開されました。

ヨーロッパ向けモデルはマットブラック文字盤に夜光の時間インデックス、

アメリカ向けのモデルはブラック文字盤を、グレーのインデックスリングで囲っています。

ロゴはどちらも「LeCoultre」となり、

機能は2種類とも同じで、時分表示とセンターセコンドにアラーム機能付き。

自動巻きアラームのキャリバー956を搭載しています。



なお、ヨーロッパ向けの「ジャガー・ルクルト・クラシック1959」と名付けられた復刻版が959本、

アメリカ向けの「ルクルト・スペシャル・アメリカ1959」というリニューアルモデルが359本。

お値段ですが、定価で140万円超えでしたっけ。

ぱっと見、140万円の時計には見えないのが残念ですが...

クラシカルな感じは、ちょっと気になってしまいます。

限定数が少ないので、あまりお目にかかれないモデルですね。


スポンサーサイト



テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ